米津玄師のアンコール

hype0.jpg

「HYPE」
横浜アリーナ2日め
行ってきました

大願の米津玄師ライブ当選
10歳の娘とファミリー席
スタンド西 7列目
(いちばん後ろから4列目)
(めっちゃうしろ)
(双眼鏡もってってよかった)

そしてすばらしかった

のは置いておきまして


デジタルチケットでのダフ屋撲滅運動や
グッズオーダーアプリ導入によるさくさく物販
随所に手ピカ。コロナ対策
あらぶるファン皆無
すべてが快適。

なのも
置いときまして


“私たちはあやうくアンコールを
逃すところだったんじゃないか説”


セットリスト18曲め。「馬と鹿」
歌い上げる米津玄師(すばらしい)(天才)

(鳴り続ける拍手)
(……)(鳴り止みそうな拍手)
(一部の人の熱心な拍手)
(……)(続かない拍手)
(ん…?)

私(55歳):
「(拍手しながら)このままだと米津さん出にくいかも。アンコール」

娘(10歳):
「(拍手しないで)えー?」

と話していたとき
真ん中後方あたりで
やっと大きめのコールが起こりました

開演後、約2時間
アンコール全3曲まで無事終了

ライブ終了。

私たちは地下鉄で帰途につき
さほど混み合ってはいない車内で
初ライブ体験に疲れ果てた娘は
私の肩ですーすー寝てました

そして今朝、娘と
このことについて話しました

私(バブル前期世代):
「アンコールってさー、
もっとこう最後の曲のあと拍手が鳴り止まなくて
どうにも収まらなくて、じゃあもう一曲だけ。
って感じで歌うもんだよね

そしてそういう鳴り止まない状態を
三回繰り返す感じ。
その都度演者は袖に引っ込むし
観客のノリが良くなければ
アンコール一回で終わることだって
大昔はあったよねー

ゆうべみたいにアンコール曲を
3曲続けて歌うのって
ホントは違うんだよね」

娘(一人っ子・欲無し世代):
「そうなんだ。私、初めてだから知らなかったー」
(そして私の話の後半は聞いていない)


米津さんがライブの途中のMCで
「自分は子どものころ、
ライブに行っても熱狂しきれず
どこか俯瞰で見ているところがあって、
同じように、今もそういう
居心地の悪い思いをしている人がいたとしたら
それでいいよ。と言ってあげたい」

みたいなことを話したのですが

実際、そういう思いをしている若者も
少なからずいるのだろうとは思いますが

ウチの娘のように、ライブ生まれて初めての
ファミリー席の子どもや

やはりその親世代で、私みたいに、
ライブ来るの何十年ぶりだろう
っていう感じの大人たちや

やたら観客の年齢層が広く

放っておいても
アンコール含めて全21曲
米津玄師は歌ってくれるんだろう
って、思っている人がかなりいたんじゃないかと
思いました。


まー
近頃の若い人たちは
的なことを言いたい訳でも

昔は楽しかった
的な武勇伝を言いたい訳でも
ないけれど

(や。)
(言いたいのか?私)


とにかく

さいこーにしあわせ
だったよ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0